ボトルウォーターとウォーターサーバー

ホームへ戻る >  人間に必要な水分量は?  > ボトルウォーターとウォーターサーバー

ボトルウォーターを飲料水として家庭で使っていくには、専用のウォーターサーバーを設置する必要があります。これは、病院やレストランなどに設置されているのを見たことがある人もいるかもしれませんが、上部に水の入った容器が逆さになった状態で乗っていて、中段あたりに注ぎ口が付いているタイプだったり、容器を中に入れて外からは注ぎ口しか見えないもの、あるいはお湯も出せるものなど、いろいろな種類があるものです。業務用のほか、家庭用のコンパクトサイズも用意されています。


そして、ボトルウォーターを利用していくには、この専用のウォーターサーバーをレンタルする必要があります。なかには購入して使い続けることができる業者もありますが、メンテナンスやサービスを停止するときのことを考えるとレンタルのほうがお得だと言えるでしょう。業者によってレンタル料に違いがあるので、水の値段も含めたトータルでどれくらいかかるのかを比較しておくことも大切です。レンタル料が無料となっているケースもあります。

また、ボトルウォーター専用のウォーターサーバーには、卓上タイプのものもあります。床置き型というのは、子供の背丈くらいの高さがあるので、それでは置く場所がないという人でも、卓上型ならばテーブルや台所にスペースを作って設置が可能というわけです。そして、使い終わった容器についても、業者が回収して再利用するタイプと、そのまま不燃物として処分してしまうタイプがあります。手間や自分たちの生活習慣などに合わせて選んでいくようにしましょう。