学生が賃貸物件探しをする場合

ホームへ戻る >  タッチパネルケータイ  > 学生が賃貸物件探しをする場合

大学生活を機に1人暮らしをはじめる学生も多いものです。勝手知ったる故郷を離れ、親の庇護を離れての1人暮らしは期待半分、不安半分といったところ。順調なスタートを切るためには賃貸探しをしっかり行うことが求められます。


学生の賃貸物件探しはタイミングと方法の両方が問題となってきます。入学を機に1人暮らしをはじめる場合、いつごろからはじめるか、タイミングがまずポイントとなります。合格が決定する前に決めた場合、万一落ちた場合にキャンセル料が発生するなどの問題が生じますし、合格が決定した後ではよい物件が見つからないこともあるのです。合格といっても推薦入学と滑り止め合格では時期が大きく異なってきますから、タイミングをしっかりと見計らう必要があります。

それから方法。これはタイミングとも関わってきます。自分ひとりで探すのか、親と一緒に探すのかなど。親が同行できる機会は限られてきますから、基本的には自分で行うことになります。その際に便利なのが大学の生協。信頼できる不動産会社の紹介や、先輩のアドバイスや現地見学の同行などのサポートを行ってくれます。また、合格前に無料で部屋を予約できるサービスを行っている場合もあります。ぜひともこうしたメリットを最大限に活用するようにしたいものです。


また、大学側でも賃貸探しのための説明会が開催されており、不動産会社が集まって物件情報の提供を行っています。こうした機会も逃さないようにしたいところです。大学生活を幸先よくスタートさせることができるかどうか、賃貸物件探しにかかっているといっても過言ではありませんから、利用できるものは利用し、理想の物件を見つけるようにしたいものです。