注文住宅の特徴

ホームへ戻る >  タッチパネルケータイ  > 注文住宅の特徴

注文住宅というのは、建売り物件と違い、設計の段階から依頼主の希望を取り入れていくことができるものです。ですから、非常に自由度が高いものだと言えるでしょう。建売りの家を買う場合には、すでに決められたデザインのものになってしまいますが、設計の段階から参加できれば、間取りから建築資材まで、あるいは洋風、和風といったデザイン、庭の大きさ、耐震設計など、様々な要素について自分の希望を出していくことができるのです。

そして、注文住宅の特徴として、予算の配分も自分で動かせるという点もあげられます。家を建てる際に、まず1番の問題となるのが費用についてです。いくら希望通りの家を建てたいからといっても、お金が足りなければ無理な相談だからです。けれども、これくらいの値段を上限として設計するというように、予算の大枠を決めることで、自由にその配分を行っていくことができるのです。こだわりのある部分にはお金をつぎ込んで、そうではない部分は安くすませるといったことも可能になります。


また、注文住宅の特徴として、建設途中でも自分でいろいろと質問をしたりしてチェックしていけるようになっています。第三者機関による評価を受けることもできますし、自分で足を運んで気になる点を管理責任者に質問していくのもいいでしょう。あるいは、設計の段階で増改築を想定しておくことも可能です。将来的に大きくしたいと考えていたり、棟を増やしたいという希望を盛り込んでおけば、実際に増改築を行う際の作業もスムーズにできるのです。