注文住宅とは

ホームへ戻る >  タッチパネルケータイ  > 注文住宅とは

注文住宅というのは、自分の希望通りの家を手に入れることができるものです。もちろん、はじめから実現不可能な要望などは難しいですが、設計資材から間取り、設備まで、依頼主が決めることができるのです。ですから、頭のなかに思い描いていた家が、そっくりそのまま現実にできるという大きな利点があるのです。建売りのものやハウスメーカーのものだと、はじめから決まっている外観や間取りになってしまいます。それが嫌だという人などにはオススメです。

ただし、注文住宅では予算を決めて、その範囲内で家を建てることになります。ですから、あれもこれもといったように詰め込んで建てられるわけではありません。やはり、妥協したり、削ったりしなければいけない部分も出てくることを知っておきましょう。どうしてもここは譲れないというものを軸にして、設計をしていくのが良いのです。たとえば、外観であったり、設備であったりと言った部分で、自分がこんな家に住みたいというイメージを描いておくのです。


そして、注文住宅で家を建てる際には、自分の人生設計というのも大きな要素となると言えます。まずは土地探しからはじめる場合には、立地環境などをよく検討することになります。そのうえで、どのような生活スタイルを希望するのかという点を考えていくことになります。間取りなどをとってみても、子供の成長や、趣味といったことを忘れてはいけません。また主婦目線での生活習慣という要素も大きなウェイトを占めるものになってくるのです。