一戸建ての購入資金とは

ホームへ戻る >  健康診断の予約  > 一戸建ての購入資金とは

マイホームの購入を希望している多くの方が憧れる一戸建て。しかしながら、建物の価格だけではなく土地の購入にも費用がかかるため、建売住宅であっても高くてなかなか手が出せないものというイメージがありますよね。それでも、何とか一戸建てを手に入れたいと考えている方が最も気になるのが、自分の収入でいくらまでの物件なら購入することができるのかということなのではないでしょうか。


マイホームの購入資金は、現金で用意する頭金と住宅ローンで賄われることになります。月々の返済が家計を圧迫しないように、きちんと返済計画を立てることは必須条件。中には頭金ゼロでも購入できる物件もありますが、購入後の返済を考えると頭金は物件価格の2割程度は必要でしょう。また、住宅ローンの返済額は年収の2割程度に設定しておくと、無理のない返済が可能になると言われています。

もちろん、これはすべて住宅ローンの審査に通ってお金を借りられたことが前提のお話です。住宅ローンで借りられるお金の額は、申し込む方の年収や返済期間の長さなどによって大きく異なってきます。一般的に年収が高く返済期間が長いほど、借り入れ可能な額は大きくなると言われています。


一戸建ての価格も地域によって大きな差がありますし、まずは購入したいと考えている地域の平均的な価格を調べ、気に入った物件を見つけたら金融機関に住宅ローンの件を相談してみましょう。そして前出のような数字を頭に入れたうえで、無理のない返済計画を立てることが可能かどうかをしっかりとシミュレーションすることが大切です。