歯周病の治療

ホームへ戻る >  矯正歯科の口コミを書いてみよう  > 歯周病の治療

歯周病は一度なってしまうと治療が非常に難しいと言われています。とくに症状が進行してしまい、歯がぐらつくなど目に見える症状が現れてしまった場合は手遅れな場合が多く、抜歯という選択肢しか残らないケースもあります。


そんな歯周病の治療法は進行をいかに食い止めるかがメインとなります。ですからまずプラークの除去が重要になります。症状が進んでいる場合、歯と歯茎の間にある歯周ポケットが深くなってしまい、歯磨きの際に十分にプラークを除去することができなくなっています。そのため歯科医院でプラークコントロールが行われます。特定の機器を使用し、歯ブラシが届かない場所まで掃除をしてプラークの除去を行うのです。また、プラークが固まって歯石になってしまった場合には歯磨きでは除去することができなくなるのでこれも除去します。

しかし、これだけでは十分な効果が挙げられないくらい悪化している場合もあります。その場合には薬物を投与する治療法が選択される場合もあります。細菌の繁殖を防ぐ抗生物質などが活用されます。


それでも治療が困難な場合には抜歯という選択肢がとられますが、その前に手術による治療方法もあります。たとえば破壊された歯周組織の再生を図る「歯周組織再生療法(エムドゲイン)」、あるいは歯槽骨に特殊な人口膜を塗布して再生を図る「組織再生誘導法」などが挙げられます。これらの治療法は症状や費用などに応じて選択されることになります。


できればプラークコントロールの段階で対処しておきたいもの。それだけに歯周病は早期の治療が重要になってくるのです。