歯の矯正方法と装置の説明

ホームへ戻る >  リフォーム会社に頼む「バスルーム・お風呂編」  > 歯の矯正方法と装置の説明

歯並びが気になり、それが原因でコンプレックスになっている方もいるぐらい、歯並びは人の印象に大きな影響を与えます。歯科で歯の矯正以外に歯並びを治す方法として、歯を削り、差し歯にする方法もありますが、今では健康な歯を削ったり歯の神経まで取ることに抵抗を感じ方が多く、歯の矯正装置を使った矯正方法が主流です。矯正装置を使った矯正方法としては、マルチブラケット法とリンガルブラケット法の2つの方法があります。


歯の表側に歯の矯正装置を着けるのがマルチブラケット法で、一般的な歯科での歯の矯正方法です。見た目には歯の裏側に装置を着けるリンガルブラケット法の方が、矯正器具が他人からは見えないのでこの点では優れています。しかしリンガルブラケット法の場合は、歯の内側に矯正装置があるため、矯正装置に舌があたる場合があります。そのために会話をする時に違和感があり、中には舌足らずな喋り方になることもあります。会話からの違和感などでストレスを感じる方もいます。またリンガルブラケット法の場合は、歯みがきが難しく、虫歯や歯周病の原因にもなりやすいのが欠点です。

矯正期間と費用は歯科によって違い、一概にはいえませんが、マルチブラケット法の方がリンガルブラケット法より短く費用も安いのが普通です。また歯の矯正装置は、歯を固定するために歯の表面に直接接着されるブラケットやワイヤーなどから作られています。ブラケットには金属製とセラミック製のものがあり、接着には接着剤を使って歯の表面に直接固定します。矯正の圧力を歯に与えるのがワイヤーで、ワイヤーからの矯正力を受けるのがこのブラケットです。ワイヤーは弾性に富むニッケル-チタンの合金線や、形状記憶合金線が主に使われています。ワイヤーをブラケットに装着するためには結紮線(けっさつせん)と呼ばれるステンレススチール線が使われています。