マイホームと希望条件

ホームへ戻る >  耐震診断で安心ある建築を  > マイホームと希望条件

念願のマイホームを購入する際念願のマイホームを購入する際には、どうしてもあれこれと希望を詰め込みたくなるものです。しかしどんなに予算が豊富でも、すべての希望を叶えてくれるようなマイホームを建てることは困難です。どうしても希望を絞り込む必要が出てきます。その取捨選択の良し悪しが、購入の成否を分ける可能性もあるのです。


マイホームの希望条件はまず優先順位をしっかりとつけることが求められます。これだけは絶対に譲れない希望条件を決めておき、優先順位の低い希望条件は状況に応じて取捨選択を行うという方式をとるのです。そうでないと物件を探すたびに決断が揺れ動いてしまうことになります。

では最優先の希望条件はどのように決めればよいのでしょうか。これは理想と現実をうまく組み合わせて決めるのが基本となります。つまり、「こんな家に住みたい」という理想と、現在住んでいる家で感じている「ここを変えたい」「こんな環境はイヤだ」といった現実を並べ、両方をうまく取り入れた希望条件を決めるのです。


希望条件に叶う物件を見つけるために便利なのがやはりモデルルームの見学です。実際に目で見て触れて見ることで物件の良し悪しを判断することができますし、自分たちが抱いている希望条件が本当にマイホーム選びに相応しいものなのか、不可欠なものなのかを判断することもできます。モデルルームを何件も回って希望条件を修正していくというやり方もあるでしょう。マイホーム選びの際には希望条件にこだわりと柔軟性の両面を持って臨むことが求められるのです。