耐震診断で安心ある建築を

ホームへ戻る > 耐震診断で安心ある建築を

不動産の瑕疵(かし)担保責任とは
中古一戸建ての悲劇
マイホームと希望条件
地元で選びたい工務店
工務店と一戸建ての選び方

日本は地震大国と言われるほど、地震の多い国として有名です日本は地震大国と言われるほど、地震の多い国として有名です。数年、または十数年に一度は直下型の大地震が発生しています。狭いエリアにビルや住宅が密集している日本では、大地震が起きるごとに多くの建物が被害を受けています。酷い場合はほぼ全ての家屋、建物が倒壊してしまうくらいです。このように日本は何度も大地震に巻き込まれていますが、これまでの経験から地震に強い建築を目指すよう日々努力しています。特にここ数年で耐震技術は一気に進化しており、国でも頻繁に耐震建築を促しています。


この時に人によっては、ある考えが出てくると思います。もしも自分の家を耐震補強工事をするとして、自分の家がどれほど地震に耐えられるか?と一度は考えないでしょうか。いくら今の世の中が耐震補強工事を促す流れになっていても、耐震工事前に自分の家の耐震状況を確認したくなると思います。また耐震技術を施した新築を建てる場合も同じでしょう。これから建てる建築物がどれほどの耐震能力があるのか気になると思います。

そんな時におススメなのが”耐震診断”なのです。”耐震診断”では、現在の家、またはこれから家を建てる場合、どこに耐震補強が必要なのかなどをチェックしてくれます。耐震診断は、国土交通省住宅局監修の”木造住宅の耐震精密診断と補強方法”に準じており、そこから家の基礎状況、地盤状況、壁配置箇所、老朽度、建物の形、筋交いなどから診断されます。ちなみに耐震診断を受けるための条件として、木造在来工法2階建て以下でなければいけません。もしも耐震補強工事をお考えなら、建築業者に相談してみることをおすすめします。